前略、さようなら。

一文字一文字を記していくことですべてを過去にしていきたい。

中学時代の同級生と再会。そして・・・

 

 

中学時代の同じバレーボール部だった女友達とひょんなことから再会。

 

さとうさんあるあるなんだけど

この女友達も私に同情(?)して近づいてきた人だった。

自分より不幸な人と親しくなって

心の中で私を馬鹿にする。

 

結婚した彼女は独身のさとうさんを不憫に思っていた。

「自分が夫と出会えたのはこのお守りのおかげだから」と言っては

同じお守りをプレゼントしてきたり

自分の都合だけで私の家に強引に上がり込み一日を過ごすなど

不思議な行動が多かった。

 

基本的に他人の噂話や悪口が嫌いな私は

彼女の悪口には付き合ったりしなかった。

職場でも私は同じスタンスなので

嫌われたり仲間に入れてもらえなかったりすることが多かった。

 

 

そんな感じでなんとなく距離を保って付き合っていた女友達から

「〇〇ってカッコよくなったの知ってる?」

「さとうさんに会いたいって言ってるよ」

「これって、気があるんじゃない?きっとそうだよ!」

 

そんなこんなで中学時代の男友達と再会する事になった。

 

彼の名前はタケシ(仮名)

中学時代は彼の家に遊びに行ったりしたこともあった。

当時からカッコいいんだけど、どこか内気なタケシ。

 

再会すると、男っぽくなっていた。

お酒を飲みながらいろんな話をして

メールアドレスに同じワードが入っていること

どういう結婚がしたいのかビジョンが同じだったこと

同じ仕事を志していたこと

その他もろもろで意気投合。

 

勝手に運命感じちゃったんだよね。

 

 

帰り道は散歩しながら酔いも手伝って

ピッタリと体がくっついたままだった私たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねぇねぇ。

ここまで読んだらいい感じだと思うでしょ?

 

 

そんな会い方を二回した。

女友達も「それって付き合ってるのと変わんないじゃん!」

とか言ってきた。

 

 

三回目に会おうとした時、謎のドタキャンをされた私。

電話したら、何かイライラしているタケシ。

「どうしたの?」と聞いてみると

「付き合ってるわけじゃないんだからいいだろう!」と

珍しく声を荒げたタケシ。

 

「私は付き合いたいと思ってるよ」と言うと

タケシは長い沈黙の後でため息まじりに言ったんだ。

 

 

 

「さとうさんはさ、誰でもいいからとりあえず彼氏欲しいだけでしょ?」

 

 

 

「違うよ!」と言ったけど

実は違わなかったんだよね。

後から思えばだけど・・・。

 

f:id:sugarnail:20181118102334j:plain

 

その後、タケシには片思いしている職場の後輩がいることを知りました。

 

そして、同級会に参加するとニヤニヤしながら私を見るタケシ。

「こいつ、俺のこと好きだったんだぜー」と言わんばかりの嫌な感じ。

腹が立ったので、彼が怯むような就職をして彼に再会してやった。

 

タケシの私を見る目が変わった。

「〇〇で働いてんの?すげーなー」

「そんで、一瞬見たら美人でビックリしたよー」

 

 

ざまぁみろっ!!!

 

連絡先聞いてこようとしたタケシを振り切って

背中を向けたさとうさんであったwww

 

 

 

 

 

 

アレのターゲットにされていたコンパニオン時代

 

 

 

ちょっと、軽く悲鳴があがる話でもしようかな。

それは、さとうさんがコンパニオンだった時のお話し。

 

 

f:id:sugarnail:20181111163042j:plain

 

宴会は楽しんでもらいたい。

コンパニオンはそう思ってやってます。

楽しい思い出にしてもらいたい一心です。

 

 

私たちも盛り上げる努力はしてる。

静かに飲みたい人達の時はリラックスして静かにやるし

バカ騒ぎしたいなら、その更に上まで馬鹿になる(笑)

 

 

宴会だとほとんどのお客様が浴衣姿なんです。

脱ぎたがる人って意外と多い。

 

 

あれって変態と同じでリアクションしたら

相手は喜ぶだけだから

初めのうちはリアルに悲鳴あげてたけど

そのうち慣れてくると全裸だろうがポーカーフェイスでいられるようになった(笑)

 

 

 

盛り上がってきた宴会でお酌していると

会場に響き渡るコンパニオンの悲鳴

「さとうさん!さとうさん!」って指差してる先はわたしの頭。

 

 

 

そうそう、脱いだお客様ったら

おち〇ちんを私の頭の上に乗せて

 

ちょんまげー!

 

って喜んでる図です。

 

 

 

そんな時は「マジでー」って笑いながらお酌を続けたり

お酒飲んでるさとうさんwww

 

 

 

「でかいのか?」

「ちいさいのか?」

と若いコンパニオンに尋ねると

「あ、ちいさいかも・・・」と(笑)

そうなると、服を着だすのでね( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

しつこい人達だと

何人も私の頭に乗せてきては

「ちょんまげー」って喜んでるの。

 

私なら笑って流すって分かるんだよね。

こいつなら、どれだけふざけても大丈夫って思われる。

だから、そういうターゲットにされる。

 

 

 

そんな時は

「汚ねーなぁ。どーせ小さいんだろう!」とか

「誰かぁ~記念写真撮ってー」と言えば

パンツ穿いてくれるんだよね(笑)

 

 

正直、嫌ですよ。

汚いし。

どんなに夜中でも家帰って速攻でお風呂です。

シャンプー二度洗いです。

 

 

でも、そんな事でいい思い出になるなら

それで良いんです。

 

 

お客様だってちゃんと知ってる。

トップ3にはそんな事しないし

若いコンパニオンにもしない。

ちゃんと、二の線な私を選んでるんだもん。

 

 

それにしても、ちょんまげってそんなに楽しいんですか?(笑)

 

 

 

連絡先を交換して無視するってなに?

 

昨日、ふと思い出した事があってね。

これは男性陣に聞いた方がいいと思ったワケです!

 

 

紹介とか飲み会で知り合って

話も盛り上がって

「今度、二人でデートしませんか?」

「食事とかどうです?」

「〇〇行きません?案内しますよ」

なんて言われたらその気になって連絡先交換するじゃない?

ワクワクしちゃうじゃない?

 

f:id:sugarnail:20181112093654j:plain

 

 

 

・・・が、連絡きたことない!!

 

 

 

 

一応、私から御礼のメールしたりしたこともありました。

返信がある時もあったけど

全くないこともあった。

 

もちろん、デートになんか誘われたこともない。

あれって何なんでしょうか?

社交辞令なんですか?

随分、手の込んだ社交辞令ですこと♡ウフッ♡

 

 

 

コンパニオンのバイトで知り合った男性と連絡先を交換した時も

「デートしましょう」と誘ってくるので

「いいですよ」と返事をして

具体的なデートプランまで決まったところで

謎の音信不通。

 

 

それが何度も続きました。

「何、食べたい?」

「ご馳走する!」

なんて言ってデートの日を決めようとすると

またもや音信不通。

 

 

さすがに気持ち悪くてLINEをブロックしたら

Facebookから友達申請してきたし(怒)

何がしたいのか分かんなーい!!

 

 

 

あと、既婚者の男性で多いのが

「ランチ友達になって」「メシ友になりたい」というお誘い。

一緒にご飯食べて、しかも奢ってもらってバイバイするヤツ。

あれも不思議でしかなくて・・・。

 

 

 

 

そういえば、この前とうとう母から言われたよ。

 

「あんたは、恋愛ベタ」

「尽くしてもらうだけの女」

「自分から好きになれない女」

 

自分でもよく分かってる。

でも、本当に男の人を好きになれないんだよー。

「いいな」って思ってもそこまでだし

「こういう人と付き合いたいな」って思ってもそこまで。

 

 

ずいぶんと

拗らせてしまったようです。

 

 

さとうさんの武勇伝???シリーズ 

 

 

今日は雨。

 

先週、本気の風邪をひいてしまい二日間寝込んでしまいました。

良くなってはぶり返しの今週はだるいながらも何とか動いてる。

 

 

 

 

 

こんなにも暖かいのに風邪をひきやすい原因はただ一つ

 

☆わたくしの素晴らしき寝相☆

 

 

そんな私の武勇伝をご紹介でもしようかしらん♪

 

 

 

 

①今の職場の初めての忘年会&送別会に参加した日

 

久しぶりに大酒くらった私。(この日以来、禁酒生活してます)

運転代行で帰宅して、自室に入ったまでは良かった。

メイクを落とそうと思ったら、体が斜めになっていく。

これはマズイと思って早々とメイクを落として着替えをしたら

立てない・・・。したがって、下が脱げても穿けない・・・。

上半身だけパジャマを着て下半身は・・・な状態でベットへ。

でも、体が上がらなくて上半身だけベットで寝るカタチでした。

 

一度目が覚めると、自分の足が見えるΣ(・ω・ノ)ノ!

なんで???と思ったら

ベットの上ででんぐり返しの途中みたいな格好で寝てた!!!

首が折れるかと思ったぁー。

 

その日は、人生ではじめて25時間睡眠をしました。

勿論、目が覚めた時はベットに私はいません(笑)

布団と一緒に下に落ちて爆睡してましたwww

 

 

 

 

②超不規則勤務だったころの夢遊病

 

若い頃から夢遊病っぽくて、友達の家の冷蔵庫に入ろうとしてたり

壁に向かって「進めない」ってドンドンとぶつかってることがよくあったそうです。

(本人には記憶がないので聞いた話)

 

夜の9時から翌日の午後まで勤務のシフトがあった時は

慣れるまでが酷くてすごく眠いけど夜まで待って寝てたんです。

夜中にトイレに行きたくて隣の部屋のドアに勢いよくぶつかって

ハッと気がついたりすることが増えました。

 

 

一番ひどくて驚いたのが

トイレに行きたくて起きたのに私ってば台所にいたんです。

冷蔵庫を開けて「違うな」と思って

お勝手口を開けて「違うな」と思って

何を思ったのかお次は玄関から外に出たんです!!

(しかも、ちゃんと鍵の開け閉めしてるという・・・)

そしたら、外は大雨で雨に濡れた私はようやく目が覚めました(笑)

 

 

もう、自分に呆れてしまって

トイレには行かずに寝ましたwww

 

 

風邪をひいた原因も

起きたらベットの上がバーゲンセール中のワゴンみたいになってたから。

 

 

もう自業自得といか言えない(泣)

 

 

 

ん?ドン引きした??

笑った??

嫌いになったとか言わせないぞっ(笑)

 

 

コンパニオン時代 ~お手上げだった宴会~

 

 

雀荘シリーズまたまたお休みします。

 

ちょっと忘れられない宴会がありまして

その時の事でも書こうかな・・・と。

 

 

私のいたコンパニオンクラブは

いろんな宿泊施設に出向くんですけど

基本的にやる事は一緒なので気にしてませんでした。

 

 

でも、たまにいるのが

・団体なのに団体名がない(空白)

・団体なのに個人名

・団体の人数とコンパニオンの数が同じ

 

 

これって少しやりにくいんだよね。

蓋を開ければ同窓会みたいなのもあれば

どこをどう聞いても何の集まりなのか分からないのもあり。

 

 

いわゆるヤバい系の時は宿の人がそれとなく探りを入れて

コンパニオンに教えてくれます。

 (ヤクザ系とかやんちゃ系とかヤリ目系です)

 

 

忘れられない宴会は

全く何の団体なのか分からない時でした。

宿も個人名しか知らず

お客様は全員スーツ姿で

昼間の宴会のみで宿泊せず帰るという。

 

 

 

20数名のお客様に対して

15人のコンパニオン

 

宴会場を囲むようにお客様がいて

真ん中に一升瓶がゾロリと並んだ

大きなテーブルが異様な存在感を放っていました。

 

 

ご挨拶をしてから

頭(コンパニオンのリーダーの事です)と一緒に

上座に座る男性のもとに行き

話しかけても無視されました。

 

 

 

ん~たまにいるんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでナンバーワン投入してやりましたっ!!

 

 

 

 

・・・が、撃沈だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、一番の若手はどうだっ!!

 

 

 

 

・・・が、再び撃沈。

 

 

 

 

静かな宴会場。

だって誰も喋んないんだもん。

黙々とお膳を食べてお酒を飲んでるだけ。

 

 

 

 

 

そこで探偵ばりにコンパニオンは探りを入れました。

 

 

必殺☆持ち物チェック!!

 

 

なんで、全員バラバラの封筒持ってるのー(泣)

新聞社だったり、建設会社だったり。

社員バッチもない。

他の社名の入った封筒は座布団で隠されて見えない。

スーツ、時計、靴どれも高級ではない。

携帯電話も出さないし、カメラで撮影もしない。

 

 

 

ベテランコンパニオンもお手上げだったので

お酌する以外は動かない事にしました。

 

 

地獄のような二時間を過ごした私たち。

飲み物も勧められないので喉もカラカラです。

 

 

カラオケを勧めても何のリアクションもなく

やる事もないのでただ時計を眺めていました。

やっと2時間たって

「それでは挨拶させてください」と頭が言った途端

 

 

上座から響き渡る怒号

 

「まだ2時間経ってないだろう!!このクラブはぼったくりすんのか!!」

 

 

宴会場にあった時計が合ってなかったようで

5分早いとそこそこ長い説教くらいました。

(ここで時間はきっちり2時間経っている)

 

 

「最後にカラオケでも歌ってから帰れっーーー!!」

 

 

 

 

どれどれ早く歌って帰りましょう~

と言い出したのは一番の若手(笑)

 

皮肉を込めて

AKBの「会いたかった」を15名で歌ってきましたwww

 

 

満足げな御一行様からの拍手喝采をうけて満面の笑みで見送られて退場。

 

 

いったい何だったんだろうか?

嫌がらせしたかったのか?

女を虐めたかっただけなのか?

未だに皆の中で謎のままの団体様でしたね。

 

 

ママ曰く「たまにあるから気にすんなぁ!」って笑ってたけどさ。

 

 

 

 

さとうさん、雇われママにスカウトだってよ!

 

 

雀荘シリーズに戻ります。

 

 

お客さんは本当に様々な職種の方がいて

サラリーマンの暇つぶし

チンピラさんのたまり場

組長さんの遊び場

学生さんの遊び場など

 

 

中でも多かったのがチンピラ風味の方々でした。

 

 

働いている従業員はワケありの人が多く

ほとんどの人が借金から逃げてる住民票や身分証明を持たない人達でした。

従業員寮とは名ばかりの汚いマンションの一室に

むさくるしい男が二名づつ入居してました。

プロ雀士のおじいちゃんもそこに入居。

(でも、社長の計らいで寮費は無料だった)

 

 

そんな社長の計らいも虚しく

夜逃げしていく従業員も数人いました。

しかも、きっちりお金まで盗んでいく人も・・・。

 

 

f:id:sugarnail:20181102163207j:plain

 

 

私には何の関係もないんだけど

そういう話を聞く度に悲しくなったなぁ。

 

 

 

 

 

私が仕事にも慣れてきた頃

ホールだけでなく

パパやママしかやってないレジ番もしないか?と言われたんです。

カウンターの中で、卓の管理と金庫番です。

従業員の見張り役も兼ねてました。

 

 

レジ番をしている時は基本的にホールの仕事はしないので

ひっそりとカウンターテーブルの下に隠れてるみたいになってるんです。

 

 

ある日のレジ番の日。

ひょっこりと顔を出してきたのが

時々くるチンピラ風味のおじさんでした。

(ごま油の香りがしそうねwww)

以後、ごま油(仮)と呼ぼう。

 

 

 

ごま油  「今度、俺の知り合いが店出すんだ!!」

さとうさん「へぇー」

ごま油  「そこで雇われママ探してんだけど、やってみないか?」

〃    「店の規模はそうだなぁ・・・下の喫茶店くらいだしどう?」

さとうさん「へ?」

ごま油  「さとうさんならピッタリだと思うんだよー」

さとうさん「・・・」

ごま油  「明るいし、客の扱いも上手いし、向いてるよー」

〃    「ここの給料いくら?少なくても三倍はあげるよ」

〃    「くれぐれも社長には内緒だよ!」

さとうさん「はぁ・・・」

 

 

 それだけ言うと走って出て行ったごま油さん。

まぁ、私が口を挟む隙がないくらいにアプローチしてきたんだよね。

 

 

 

 

 

私?

パパさんにチクりましたwww

 

 

 

パパさんも何かを嗅ぎつけてたらしく

「さとうさん、ごま油に何か言われなかったか?」

と聞いてくれたので

「給料三倍あげるから雇われママになれって言われたぁ!!」

とあっさりチクってやったwww

パパさんは心配してくれて「やるつもりあるの?」と聞いてきたので

「ごま油さんって、存在がうさん臭いから嫌です」って言ったら

パパさん大笑いして褒めてくれたっけ。

 

 

 

その一件があって

ごま油さんは出入り禁止になってしまった。

その雇われママとやらになってたら

私は警察のお世話になる羽目になってたらしい。

開店したお店は違法だったそうで

すぐに閉店。逮捕者数名。

 

やべー

やべー

 

 

私、いつもそういうギリギリのところで

独自の嗅覚を発揮して罪は犯していないのです。

 

 

映画「ブルーハーツが聴こえる」は駄作なんかじゃない!

 

PVが絶賛二桁中です。 

雀荘シリーズ一回休みます。

(書いてて飽きてきたw)

先日、Twitterのトレンドに『警察クビになって~』があり

興味本意で読み始めたら一年分の記事読んでました!

あれは辛いねー。よく耐えたなぁ。

耐えるしか知らなかったんだよなぁ。

虐待されて育ってくると、そういうターゲットにされやすいんだと思うんだ。

いじめとか、DVとか、パワハラとか。

ああいう人って、ターゲットを見つけるの上手いんだって。

 

『警察クビになって~』は、はてなブログだったのね。

存じ上げませんでした。

アップした一日で300万アクセスあったとか?

 

辛い話だったけど

辛さを文字やイラストで表現できるだけマシな気がした。

その思いを伝える事ができない人の方が多いはずだから。

 

 

 

 

 

 

 

私が反抗期に入りかかった時

脳みそズキューンとなった音楽が

ザ・ブルーハーツ

 

 

当時はまだCDじゃなくて

レコードだったから

レコードを買った人が

カセットテープにダビングして

回してくれたんだよね。

 

 

「絶対、さとうさんならハマるから!」

そう鼻息荒く持って来てくれた女の子は誰だったかな?

 

 

映画「ブルーハーツが聴こえる」

予告を見て

こんなの映画じゃないって思ってた。

 

 


映画『ブルーハーツが聴こえる』予告編

 

 

映画やDVDのレビューも散々で「見る価値なし」とまで書く人も多かった。

 

 

 

興味本意でレンタルしてきた「ブルーハーツが聴こえる」

 

・ハンマー

・人にやさしく

・ラブレター

・少年の詩

・ジョウネツノバラ

1001のバイオリン

 

6曲の作品をそれぞれの監督さんで表現した短編映画です。

 

 

 

 

観た感想は

 

なんじゃこりゃー

とんでもないっ!!!

 

これが、ブルーハーツじゃなかったら

なんだよっ!!

 

です。

 

 

酷評した人達は

ブルーハーツ世代ではない人たちなんだろうな。

 

 

私自身、

ブルーハーツからハイロウズに変わってから聞かない時期があって

クロマニヨンズになってからまた聞き始めてなので

知らない曲やどのバンドの時代の曲なのか不明な歌もあるんですけど

 

 

歌(詩)の解釈って聞く人に委ねちゃってるのがブルーハーツだと思うんです。

俺らはこういうつもりで書いたけど、そう思うなら思ってていいよ。

みたいな。

 

 

この映画は公開するまでに一苦労したそうですね。

危うくお蔵入りになりそうだったと。

 

お蔵入りにならなくて良かった。

そして予告で馬鹿にしてた私の態度もごめんなさい。

 

 

それぞれの監督さんの表現で

ブルーハーツの詩の世界を映像にしてくれてる。

 

 

残酷で、醜くて、カッコ悪くて、激しくて

あったかくて、優しくて、愛がある

それがパンクロック。

 

 

俺みたいなのが生きてるんだから

お前も生きろよ。

 

 

そう言ってくれるのが

ヒロトと江頭2:50

 私が知っているのはこの二人だけ。